検査陽性と感染と発症の違いをわかりやすく説明します

「検査陽性と感染と発症の違いをわかりやすく説明します」

新型コロナウイルスでは「検査の陽性者」を「感染者」として報道されていることがほとんどで、これはとてもとても重大な問題です。報道機関をはじめ、医師や専門家がこのことを指摘しないことはそれ以上に問題と言っていいでしょう。

今回の記事はこれらをわかりやすく、明解に説明します。

①検査陽性とは

COVID-19では、途上国を含め、すべての国で検査はPCR検査によるものがほとんどですので、ここではPCR検査陽性のことを解説します。

PCR検査陽性とはPCR検査でウイルスが検出されたことを意味します。

PCR法は何を検出しているのかというと、ウイルス遺伝子(コロナウイルスRNA)の断片(全遺伝子=ゲノムのごくごく一部)になります。ウイルス遺伝子の断片が見つかったということは、ウイルスが今いる、あるいは少し前にいた痕跡があるということになります。

つまり、ウイルスの断片が残っていれば陽性になり、以下はわからないということが重要なポイントになります。

・ウイルスが生きているか死んでいるか

ウイルスが生きていなくても、ウイルス遺伝子の一部が残っていれば陽性になります。

・ウイルスが細胞に感染しているかどうか

細胞に感染する前のただ「いる」段階でも、感染し細胞に侵入した後のいずれでも陽性になります。

・感染した人が発症しているかどうか

発症していてもしていなくても感染していればウイルスはいることになるので検査は陽性になります。

・陽性者が他人に感染できるかどうか

ウイルスが死んでおり、断片だけが残っている場合は他人に移すことはできません。また、ウイルスが生きていても数が少なければ人に移すことはできません。通常ウイルスが感染するためには数百~数万以上のウイルス量が必要になります。しかし、PCR法は遺伝子を数百万~数億倍に増幅しますので、極端な話、1個~数個のウイルスでも陽性になる場合があります。

・ウイルスが今「いる」のか少し前に「いた」のか

一度感染すると、ウイルスの断片は鼻咽頭からは1~2週間、便からは1~2ヶ月も検出されることがあります。これらはあくまで遺伝子の断片です。

次回は感染しているとは、について解説していきます。

2020.12.07 00:44:32