食物繊維、足りてますか?

食物繊維、摂ってるつもりでも実は足りてない人多いんです。

食物繊維はDietary fiberと呼ばれ、「ヒトの消化酵素で消化しきれない食品中の難消化成分の総体」と定義されています。(日本食品成分表2015)

一般的な印象ですと、腸内環境に良さそうとか、ダイエットに良さそうというイメージがもたれているかもしれません。

実は他にも、

・「幸せ物質」と呼ばれるセロトニンやドーパミンといった物質が増加しメンタル改善に良い

・がんによる疾病リスクを低減する

・肥満、2型糖尿病、心臓病のリスクを下げる

などの良い効果を沢山持っています。

日本人の1日平均摂取量は、戦後の1951年頃約24gでしたが、 2002年には約 14g となり、50年間で約 10g減 少しています。現在の日本人の摂取量は1日平均で14.3gといわ れています。 日本人の食物繊維摂取量は減ってきています。1947 年に比 べ、2008年は約半分にまで食物繊維摂取量が減っています。内訳を見ると、近年特に殺類からの割合が減っていることが分かります。その理由として食生活の欧米化で肉や乳製品の摂取が増え、米の摂取量が減ったことと大麦などの雑穀を食べなくなったことがあります。

食物繊維は、海藻、全粒穀物、豆などに多く含まれます。

安全性や細かな摂取バランスの目標もありますが、まずは積極的に増やしてみるのもいいかもしれません。

毎日の食事にどこかで一品海藻を付け足す、朝に豆乳ヨーグルトを食べる、などちょっと意識してみてください。

2020.11.15 03:36:15