【生きた水に含まれている重要ミネラル】

○カルシウム

カルシウムには腸の螺動運動を活発化する働きがあります。

端動運動が活発になり、腸の動きが改善され、腸の排毒作用や、免疫機能も活性化してきます。

○マグネシウム

マグネシウムは大便を柔らかくする作用があります。

排便力を高めることで、腐敗菌である悪玉菌が腸で増殖するのを抑え、腸内毒素が腸内にとどまることで腸内環境が悪化し、免疫力の低下を招くことを防いでくれます。

水には単純に水分を補給するだけでなく、様々な効果を持っていることが分かります。

【腸と水】

腸の重要な役割として「免疫」があります。

腸の免疫機能は免疫の機能全体の

7割を占めているとも言われます。

腸を元気な状態にするには食物繊維·発酵食品を摂取するというのはご存知の方も多くいらっしゃるかもしれません。また、これらに加えて腸粘膜を健康にするため水も厳選する必要があります。

腸を元気にする水の条件は

「天然の生きた水」

であることです。

蛇口を捻って出た水、スーパーに並んだミネラルウォーター、CMで人気のウォーターサーバー、何をどれだけ摂取したら良いか、水に対するリテラシーが重要です。

まず市販のミネラルウォーターを選ぶ際は必ずラベルを確認する必要があります。

「ナチュラルミネラルウォーター」

と記載されているものを選びましょう。

ナチュラルミネラルウォーターとは特定の水源から採取され、地下水を原水とし、地層中のミネラルが溶け出している水のことです。ナチュラルウォーターのうち鉱化された地下水(地表から浸透し、地下を移動中又は地下に滞留中に地層中の無機塩類が溶解した地下水(天然の二酸化炭素が溶解し、発泡性を有 する地下水を含む)をいう。)を原水としたものにあっては、「ナチュラルミネラルウォーター」と記載することができます。(農林水産省ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン)