【水道水と腸内環境】

日本の水は安全だと思いますか?よく海外では水道水は飲めたものではないが日本なら平気と思われているかもしれません。たしかに日本の水道水は浄化と殺菌に時間をかけているので飲んだところで感染症や下痢を起こす危険性はほぼないでしょう。しかし、日本の水道水は世界的にみても、決して健康的な水とは言えないんです。

日本の水道水の塩素注入量を世界の国々と比べてみると、極端に高いことがわかります。

殺菌を目的として注入する塩素の量が多く、WHOがヨーロッパにおいて定めた規制では、水道中の一般細菌数に規制を定めていいないのに対し、日本では1ml中100以下と厳しい制限があります。

大腸菌に関してはさらに厳重で、海外では100回検査して5回以内の検出なら合格。

対して日本では「検出されないこと」すなわち、ゼロでなければいけないのです。

そのため、日本の水道水には塩素が大量に使用されています。この水道水に含まれる塩素は腸内細菌にも悪影響を及ぼし、腸内細菌を荒らしてしまうので注意が必要です。

大腸菌も腸内細菌も同じ菌、腸に入り込んだ病原菌の排除や、食物繊維の分解ビタミンの合成、大便形成や排毒など大腸菌は、大切な働きを担っているので、水道水の塩素のリスクを知っておくことは腸内環境にとってとても重要です。

水を綺麗にするためとは言え有害物質を取り入れてしまっては元も子もありません。水を飲む際は必ず塩素が除去された水を飲むことを勧めます。

当店のカフェにおいても、お客様にお出しするお水から料理に使用する水まで全て100%塩素を取りきれる世界最高の浄水器を導入いたしておりますのでご安心してお越しいただきたく思います。